Farmer's Talk Pop

(2018年12月末、はてなダイアリー「夢男のファーマーズ・トーク」が統合されました)

minolta HI-MATIC 7sとMR-9互換電池が到着する

Zカメラからオールドフィルムカメラが到着した。minolta HI-MATIC 7sである。祖父のkonica auto S2 ELと同じ1966年製のカメラ。大きさも重さもほぼ同じ。レンズも共に45mm/F1.8。前者がマニュアル、プログラムEEなのに対して、後者はマニュアル、シャッター速度優先EE。底部の電池蓋が金属製なことなど質感はminoltaの方が高い。とはいえ、どちらもずっしりとした存在感がある。

そしてようやくAmazonから電池が届いた。MR-9型水銀電池を使うらしいのだが、今では普通には売ってない。アダプタを使うか、互換の電池を使うか。ここはZ診療所「C-41」処方箋通り、互換電池を注文したのだった。

minoltaもkonicaも電池を入れて見たら、露出計は正常に動いているようだった。素晴らしい!50年以上前のカメラだぜ。電気的な不具合がなければ、まだまだいけそう。

konicaは中学生の時に祖父に借りたことがあって、すぐに使い方は思い出した。おまけに純正のマニュアルが今もダウンロードできた。なんと素晴らしい。minoltaはZ診療所「C-41」の説明書付きなので無問題。手厚いサポートに感謝です。操作はしばらく慣れが必要ですね。

これからフィルムを買う予定。モノクロも撮りたい。早く撮りたい。デジカメと違い、いちいち手間がかかることに、彼女と付き合い始めた頃の幸せみたいなものを感じる(笑)