Farmer's Talk Pop

(2018年12月末、はてなダイアリー「夢男のファーマーズ・トーク」が統合されました)

鶴岡に行ったこと

 昨年12月に新庄市から最上川沿いに車を走らせる機会があった。その日はとても天気がよく、みぞれまじりだった一年前の道中に比べると天国のようなドライブだった。
 30分ほど走らせると戸沢村から庄内町に抜ける辺りに対岸に白糸の滝が見えてくる。白糸の滝は珍しくないのだけど珍しいのがこちら側にある「パーラー白糸の滝」なのだ。今度通ったら絶対に行こうと決めてた。気になってた場所だけに先は急がない今回の旅にはもってこい。

(以下、写真は全て、minolta Hi-Matic 7s , イルフォードXP2 400 C-41現像)

f:id:Yumeo:20190116094451j:plain


f:id:Yumeo:20190116094450j:plain


 お店の階段を上ると全面窓ガラスのパノラマが広がる。うっすらと雪景色。青い空。滝の下に見える赤い鳥居。景色は最高である。昭和チックな店内は明るく、レトロモダンな赤い椅子はとても素敵である。ここにきたらおすすめは「プリンアラモード」である。あのあこがれのプリンアラモード。子供の時に食べたかった大人のためのプリンアラモード。メニューにあるとなれば頼まないわけにはいかないのだ。開店すぐだからか お客は自分たちだけである。パノラマビュー独占なのである。心地よい時間を十分堪能したあと、再訪できることを願いつつお店を後にする。


f:id:Yumeo:20190116094452j:plain


 計画的な旅もいいけど、ぶらりとどこに行くでもない旅もいいものだ。今回の旅はまさに後者。こどもの行事のついでという中途半端な時間だけど、実のところは誰かからの思わぬ贈り物なのかもしれない。


f:id:Yumeo:20190124170708j:plain


f:id:Yumeo:20190124170710j:plain


 次に向かったのは鶴岡市の善寶寺(ぜんぽうじ)。かなり前に「人面魚」でニュースをにぎわせた池のある寺である。年末も近かったせいか、初詣での照明でも準備しているのか、いるのは電気工事のひとばかり。以前に子供が訪れたことがあってとてもよかったと言っていたからちょっと期待して行ったのだ。まず、入ってすぐに総門の壮麗さに驚かせられる。他では見たことのないような彫刻なのだ。特に柱の獅子の造形が素晴らしい。今にも動きそう。


f:id:Yumeo:20190124170709j:plain


 安政期に建立され総門に対して五重塔は明治期なので新しさが感じられる。四方に神将のレリーフが施されている。この立体感は素晴らしいとしか言いようがない。

 実はこの善寶寺は鶴岡出身の作家、藤沢周平にゆかりのお寺でもある。氏の作品に『龍を見た男』にこの善寶寺が登場するのだ。『龍を見た男』は漁師の源四郎が主人公。ある事件があって夫婦でこの寺にお参りに来るのだ。この寺は龍神信仰の寺だそうで船の安全や大漁を願う人たちの信仰を集めているそうだ。先の池と弥勒菩薩が登場する。小説は動から静で終わる。その描写に僕は葛飾北斎の最後の作品を思い浮かべずにはいられなかった。


f:id:Yumeo:20190130175323j:plain


 鶴岡といえば、湯野浜も忘れてはいけない。最近は全くといっていいほど海には行っていないので是非とも行きたいところ。湯野浜温泉も冬の平日だからか人影はあまりない。犬の散歩をしている老人。そしてよちよち歩きの子供を真ん中に砂浜を歩いている若い家族。僕らはサスペンス劇場の中年刑事と容疑者といったところか。いや、冗談!

 と言ってる間に、子供の用事が終わったようでメッセージの着信音が二人の間に割り込んできたのだった。

フィルムへの情熱にジーンときた…『LIFE!/ライフ』

Apple TV(2回目) , ☆5(前回は4だった…。上がった理由は以下に)

LIFE!/ライフ [AmazonDVDコレクション]

 雪が少なくてとてもいい。でも、今年は家には受験生も何人かいるので、そう楽ちんだとばかりも言ってられない。さらに事務仕事もしなくちゃならないわけで…。しか〜し、それはそうであってもそうではないとも言える。
 なぜならば、昨年の農業シーズンから我が社では『積極的農閑期遊興主義』を取り入れたのだ。現在、これを実践するのは僕と妻のみ。要は、

「死ぬほど忙しくしても楽しいことがなくては農業というものはとてもじゃないが頑張れないので隙あらば遊ぼう!」
(時間と機会は必要なときこそ失われるものなのだ。夢男談)

ということである。誠に勝手な言い分もなきにしもあらずではあるが、そんなわけで、今シーズンはささやかではありますがわりと二人で遊んでいる農閑期なのだ。

 で、前置きが長くなったけど、雪降る寒い中、コタツに入って見た今回の映画『LIFE!/ライフ』。ベン・スティラー主演の元気映画。舞台は『Time』に経営統合された伝統的フォトグラフ雑誌『LIFE』。トラブルに巻き込まれたネガ管理担当のベン・スティラーの愛と冒険の物語。とても素晴らしい。美しい!二年前に簡単にブログに感想書いてた。

ftalkpop.hateblo.jp

 今回の『LIFE!/ライフ』。二年前には評価は☆4で、これは僕の評価としてはかなり良いのだけれど、今回はさらによかった。これは☆5だわ…。どうも前回と見方が少し違ったのだ。見方が変わったのは、僕がフィルム撮影をするようになったからだ。

 ブログを読んでる人はわかると思うけど、ここんとこ、一年ちょっと前から国産の古いフィルムカメラで写真を撮ることが楽しみになっている。若い子の間で"チェキ"とか"写ルンです"が流行っているそうなんだけど、僕がフィルム撮影に興味を持ったのはそれとはちょっと違う流れ。そりゃそうだ。だって僕はおっさんだもの。
 前にも書いたかもしれないけど、その僕が勝手にZ先生と呼ばせてもらっている、50年以上前の古いカメラを手入れして使ったり、時にはジャンクから取った部品をニコイチして生まれ変わらせているフィルム撮影の伝道師がいる(これも勝手に呼ばせてもらっている)。その先生の書いているブログ「照片画廊」がとても素敵で、まるで何かの魔法にでもかかったようにフィルム撮影がしたくなったのだ。
 
 今のデジカメは本当に良く写る。簡単にきれいな写真が撮れるから本当に便利だ。そこそこ性能のでも良く写る。でも、スマホで写真を撮るようになってだんだんとデジカメを使わなくなってきたのだよね。撮ってて何かが足りない。きれいに撮れるのにね。対してスマホは割と楽しい。ほんと、これって、なんなのだろう。
 一方でフィルムで撮る写真はさらに楽しいのだ。何かわかんないけどすごく楽しい。お金も余計にかかっていちいち面倒くさくもあるのにだ。フィルムの選択、撮影場所でのシャッタースピードや露出値の設定。二重像合致でピントも合わせるのが大変だ。もたもたするのだ。失敗するとフィルムがとてももったいないと気にするのも昔から同じだ。撮った後もラボに出さなきゃいけない。そもそも、プリントが手元に来ないときれいに写っているのかもわからない。失敗してもあとの祭り。デジカメが出たとき何が気に入ったかって、そういうフィルムカメラの問題点が解消されて写真を自由に撮ることが出来たからだ。でも、便利さと楽しさはちょうど逆になったのだよね。
 
 『LIFE!/ライフ』で描かれている報道写真の世界、ベン・スティラー演じるウォルターの仕事への気持ち、ショーン・ペン演じるカメラマンのショーンの被写体に対する姿勢、『LIFE』誌のスローガン(下記引用参照)がとても心に残る。この映画ではネガが重要なキーワードになるのだけど、僕はそのネガを実際に自分で扱うようになって、登場人物たちの思いにちょっとだけ近づけたような気になった。

 ウォルターはネガを探しに「トム少佐」に後押しされてヘリコプターに飛び乗る。デジカメの写真データと違い、ネガはそれが存在する場所に取りに行かなくてはならないのだ。その存在するもののためにウォルターは旅立ち、形にはできないものを得る。

世界を見よう
危険でも立ち向かおう
壁の裏側を覗こう
もっと近づこう
もっとお互いを知ろう
そして感じよう
それが人生の目的だから

To see the world, Things dangerous to come to,
To see behind walls, To draw closer, To find each other and to feel.
This is the purpose of life.

(映画より。「LIFE社のスローガン」)

 フィルム撮影は一枚一枚の写真をじっくりと撮って、その瞬間の光を焼き付ける。撮影に成功しても失敗してもそこに確かに残る。残り続ける。

 僕は農家で、農産物を生産するとは言っても、その生産のためとは言ってもかなり消費も多い。そんな矛盾もかかえながら消費し生産し続けることにいささか疲れてきた。そんな心境の変化に古いカメラでフィルム写真を撮ることがすっと入り込んできたのだと思う。

 さて、僕はこれから確かなもの、あるいは何か形にならないものを残せるのだろうか。

f:id:Yumeo:20190117161636j:plain

人は全てを繰り返すのだと再確認…「愛と哀しみのボレロ」

BSプレミアム(2回目、初見は35年前)、☆5

 昨日、テレビの録画リストを開いたら、この映画を録画してたことを思い出した。再生してみたら、ヤバいと思い慌ててテレビのスイッチを切った。音楽が聞こえてきただけで泣きたくなる映画だからだ。自分的にヤバい映画の一本なのだ。

 クロード・ルルーシュ監督・脚本・製作の185分の長編。それだけではない。音楽は監督と何度も組んでるあのフランシス・レイ。そして大好きなミシェル・ルグラン。音楽担当が二人だぜ。あり得ない。映画の内容は簡単にいうと「45年にわたる4カ国の4家族とそれをとりまく人々と偉大な作曲家の2人の音楽が織りなす壮麗な人生のタペストリー」(夢男評)。
 
 前回見たのはテレビの洋画劇場。Wikipediaによると、フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」放送日:1985年11月2日だったらしい。とすると僕は18歳。高三だわ。当時、テレビの洋画劇場、たまには劇場でいろんな映画を見まくっていた頃。大人な人生満載のこの映画には圧倒された。何に圧倒されたかって?それは人生の重さ。まだ見てない自分の人生を重く感じてしまってのだ。内容を深く理解できることは少なかった。でも、何か大事なことをこの映画は語っていることだけは僕にも理解できた。そしてその音楽にとても惹かれた。圧巻!初めて知ったラヴェルの「ボレロ」。
 19歳になって6畳間の下宿に住んだ。通販でこの映画の輸入盤のサントラCDを買った。たしか初めて買ったCD。当時はCDが普及し始めたばかり。このCDが聞きたくて無けなしのお金で型落ちのCDプレーヤーを買った。百回以上聞いているはずだ。今もiTunesに入っているのでときどき聞いている。

f:id:Yumeo:20190108154530j:plain
昭和の終わる頃、サントラ盤の聖地「すみや渋谷店」から通販で買ったCD。西ドイツ盤

 50歳過ぎて嫁さんと一緒に観た「愛と哀しみのボレロ」は、子どもの時と違って見えた。よくわかる人生の言語で書かれた人生についての話だった。男と女。家族愛。戦争のもたらす不条理。運命の皮肉。そして生きることの喜び!もはや自分たちのこの映画を観る目線は親としてのそれ。でも、映画自体のすばらしさは全く同じように感じられたことはとても自分に安心した。
 めったに放送されないこの映画がNHKで放送されたということに企画した人の良心を感じたというのは言い過ぎだろうか。


愛と哀しみのボレロ Blu-ray

愛と哀しみのボレロ Blu-ray

Les Uns Et Les Autres

Les Uns Et Les Autres