Farmer's Talk Pop

(2018年12月末、はてなダイアリー「夢男のファーマーズ・トーク」を統合しました)

Petra Hadenにハマったのだ

いやあ、今年は雪が降った降った。ビニールハウスの屋根を全部掛けてたままだったから、つぶさないように必死に除雪機を動かしたのでなんとか乗り越えられた。
ようやく農道の雪が消えたので、業者から配達された肥料をハウスに運び始めた。順調順調。月末は何かと忙しいから、この調子だと作業が先行できる。

その最中、クローラキャリアのスロットルレバーが壊れた。樹脂製のレバーが経年劣化でポキッと折れた。これではキャリアが動かせない。
しょうがないのでネット通販で代わりのレバー部品を注文した。到着待ちである。たまっている雑用事務を片づけることにした。各種組織の会計やらを引き受けていることもあってこの時期は雑用事務の季節なのだ。

事務といえば、音楽を流さないではやってられない。ここのところのお気に入りといえば、Petra Haden。アカペラも多い。カバーしているのは有名曲だと思うのだけど、悲しいことに知らない曲が多い。とはいえ、原曲を知らなくても彼女の歌でその素晴らしさはわかる。

試しにこの曲聞いてみて。
youtu.be

どうです?素晴らしいでしょう!
この最新アルバム「Back to the Garden」は全曲YouTubeで聞ける。

Petra Hadenって、何者?
答え。あの有名ジャズ・ベーシスト“チャーリー・ヘイデン”の娘なんです。
この娘さんなんですが、音楽性はユニークらしくて、とくにアカペラが秀逸。そもそも彼女を知ったのが、ほぼアカペラの映画音楽カバー曲集「Petra Haden - Petra Goes To The Movies」。これが映画ファンには素晴らしいのなんのって。カバーの実力もさることながら、そのマニアといってもいい選曲。映画『暴力脱獄』 の主題曲なんて選ぶ?

youtu.be

なんて、映画がわかってるの!
このアルバムもYouTubeで全曲聞ける。

おまけにね、このアルバムCDには彼女のポートレート写真が何枚も含まれている。そんなの当たり前でめずらしくないよね。その写真の彼女は、取り上げた映画音楽の主人公たちになりきりのコスプレなのだ! さきの『暴力脱獄』では、ゆで卵を前にポール・ニューマンになり切ってる。

f:id:Yumeo:20220313205114j:plain

ここに上げた『トッツィー』のドロシーなんて笑える。まさに「ドロシー」になり切ってるダスティン・ホフマンじゃないか!
その他『夕日のガンマン』のクリント・イーストウッドとか、なんと『タクシー・ドライバー』のデ・ニーロだぜ!(笑)可笑しい!

めずらしい音楽であるだけではない。父親がチャーリー・ヘイデンだけあってその絡みなのか、アルバムにはBill FrisellBrad Mehldauとの共演もある。もちろん父親とも。そのクオリティとともに、曲どれもが真摯に音楽に向きあってて素晴らしい。おかしなコスプレは映画への愛ゆえなのだ。

プリンターの更新

この間、8年ほど使っているブラザーのモノクロレーザー複合機 DCP-7065DN が壊れた。

季節柄、帳簿とか決算とか、事務仕事が忙しいのだが、その最中に印刷したものにまるでワカメみたいな帯状の模様が付いてしまうのだ。それも全部に。トナーとかドラムをクリーニングしてもダメ。ともに新品に替えてもダメ*1。どうしてだろうと機械の中をよくよく見たら、別なドラム状の部品の表面がちょうどワカメ状に剥がれているではないか。これが原因だ。どうしようもない。もう8年も使ったのだから元は取れた。今までよく不具合がなかったものだ。
ということで、後継機らしい同じくブラザーのDCP-L2550DWを注文した。

届いてサクサクッと設定する。新しいのにびっくりするぐらいほぼ前のと変わらない。よかよか。同じように使えるのが一番だ。

それにしてもおんなじだ。外見がちょっとだけ変わったか。機能とか値段とか、大きく変わらないというのは面白みがないようだけど、実はユーザーにとっては、変わらない製品ラインナップというのがもっとも安心で大事なことなのかもしれない。
僕たち農家にとっての農産物と同じだなと思った。

*1:サードパーティではあるが、これまでも何度も変えているのでこれが原因ではない

私のお気に入りな映画「トッツィー」

トッツィー (字幕版)

NHK-BS(好きで好きで数えられないぐらい見ている)、☆5

今年の雪はなんなんだ!多い!多すぎる。軽油も高いというのに毎日毎日除雪。もう嫌になっちゃった。当然、寒いし疲れるから、ちょっと休憩だとコタツに入るとどうしても寝てしまう。寝てしまうから事務仕事なんて進むわけがない。どうにでもなれ!

そんな折り、NHKBSで「トッツィー」をやっていた。気分転換にはこれだとさっそく見る。
ご存知、ダスティン・ホフマンが売れない俳優を演じるだけで、そもそもそれが可笑しいのだが、その売れない俳優がお金のために女装して昼メロのテレビラマに潜り込む。結果、ドラマは大ヒット。女優=ホフマンがとても気になるジュリー(ジェシカ・ラング)との友情(恋)のゆくえはいかに…

オープニングの“An Actor's Life (Main Title)”が流れると物語は走り出す。音楽担当のデイブ・グルーシン。彼の名曲中の名曲である。グルーシン、最高!


www.youtube.com

音楽だけでなく、ダスティン・ホフマンの脇を固める俳優陣も大好き。1976「キングコング」 が忘れられない、実は農業映画女優でもあるジェシカ・ラング。「ワン・フロム・ザ・ハート」のダンスが素敵すぎのテリー・ガー。「ゴースト・バスターズ」よりも「ロスト・イン・トランスレーション」 だろう、ビル・マーレイ。「テルマ&ルイーズ」なんてもんじゃない衝撃的デビューのジーナ・デイヴィス。そして極め付けはその外見とは裏腹の役柄が作品にいい味を出してるチャールズ・ダーニング。監督のシドニー・ポラックもとてもいい。ちなみに彼の作品にの音楽はデイブ・グルーシンが多い。それもとてもうれしい。