Farmer's Talk Pop

キュウリ農家 "夢男"の好きな映画や音楽や・・・

AIのこと

her/世界でひとつの彼女(字幕版)

Amazonプライム(初見)、☆4


昨日「フトンシネマズ」で映画「her/世界でひとつの彼女(字幕版)」を観た。この映画はよく知らない映画だが、このジャケットがやたら目に入り、ヒゲオヤジのイタイ映画かと思って避けてたのだけど、今月号の雑誌『pen』の特集「SF映画絶対主義。」に取り上げられてて、まあ期待もせずに観てみることにしたのだ。ところがところが、これがとても素晴らしい映画で、SF映画としてよくできている以外に普通のヒューマンドラマとしても秀逸な、「フトンシネマズ」的最適、とても感動の映画だったのだ。

このジャケットのヒゲおじさんは、近未来のロサンゼルス、手紙代筆会社の社員で、どうやら今は妻子とは別居している。とても繊細な手紙を書くだけにちょっと内向的なところもある。ある時に自分のパソコンに新型のOSを導入したのだ。とても進化した人工知能で、今でいえばSiriやOK Googleみたいな、いや、もっと高度なアシスタント機能をもつOSなのだ。
そのヒゲおじさん=セオドア(ホアキン・フェニックス)は、OSが自分で名付けた「サマンサ」という女性のアシスタント機能と過ごすことになる。「サマンサ」はPCの前にいる時だけではなく、携帯用ポータブルユニット(スマホみたいなもの)と共通のOSで、セオドアが外に持ち出すこともできる。「サマンサ」はセオドアについてその性格や嗜好や感情などを的確に分析し、セオドアはその対応にとても満足する。次第に「自分のことをよくわかっているサマンサ」に惹かれ始めるのだ。「サマンサ」もセオドアを通してセオドア、あるいは人間そのものを知りたがり、"ふたり"は次第に深い仲になる…。
と言葉で説明してもこの映画の魅力を全く伝えられなくて、とても歯がゆい。

映画というものは、観客が主人公にいかに感情移入できるかが問題だと思うのだけれども、それには限界がある。僕たちが映画の中の様子を客観的に俯瞰的に見ているのは変わりようがないからだ。ところがこの映画はその垣根を取り去ってしまった。セオドア、「サマンサ」たちと一緒にその世界にいるように思えるほどにだ。僕を世界に引き込んでしまったのだ。それは「フトンシネマズ」という布団の中の視聴環境も大きく関係している。

一つ前の記事に経緯を書いた。「フトンシネマズ」は布団の中でスマホとヘッドホンで映画を見ることだ。セオドアもヘッドセットと携帯デバイスで「サマンサ」とコミュニケーションする。そこなのだ。僕もセオドアと同様にサマンサの声をダイレクトに聞いているのだ。セオドア同様、頭の中に「サマンサ」の声が響く。セオドアは携帯デバイスは手放さない。僕も含めた誰もがコミュニケーションを求めてスマホを手放さないのと一緒だ。気持ちはとてもよくわかる。大好きな人ならばなおさらだ。

もう一つ、引き込まれた理由がある。声だけでしか登場しない「サマンサ」の声は、スカーレット・ヨハンソンなのである。ちょっと前に映画「ロスト・イン・トランスレーション」を見た。中年の映画俳優役のビル・マーレイと若き写真家の夫をもつ妻を演じたスカーレット・ヨハンソンとの東京滞在での交流を描いた静かな映画だ。もう何度も観てる僕のとても好きな映画だ。この映画のスカーレット・ヨハンソンに僕は参ってしまっているのだ。

今をときめく女優のスカーレット・ヨハンソンを知ったのはロバート・レッドフォードの「モンタナの風に抱かれて」の足の不自由な少女役。その後「アベンジャーズ」での魅惑のレザースーツ姿のナターシャになるとは誰が想像したか。彼女はとても上手い役者だと思う。繊細さを上手く表現できる女優だと思う。ほんのちょっとだけハスキーな声もとても好きだ。僕は基本的に「声フェチ」なのだ。そこが弱点なのだ(笑)

そんなこともあって、「フトンシネマズ」の暗闇でスマホを握りしめてヘッドホンでサマンサの声を聞いてしまったら、僕がセオドアになりきるのは必然なことだったのだ。

セオドア同様、虜になってしまった…。

…実はこの映画そのものが「サマンサ」だったのかもしれない。

「フトンシネマズ」の勧め

ぎっくり腰の話になった話は昨日書いたのだけれども、おかげで発見したこともある。

家で映画を見るときはどこで見る? リビングの大画面テレビ? それともパソコン?
でも家には家族がいるよね。なかなか感動にも浸れない。

僕は「フトンシネマズ」を勧める。布団の中にもぐって映画をスマホで見るのがとてもいいのだ。ただ布団の中に入ってヘッドホンで音を聞き、映画を見るだけ。そこは映画館のホールを極小にしただけの世界。自分一人のための上映。映画は選び放題。貸し切り劇場なのだ。

子どもの頃に家にはカラーテレビは一台だけ。他にあったとしても買い替えで余り物となった小さい白黒テレビ。映画に興味を持った僕は是非ともカラーで見たい。で、皆に今日は洋画劇場を観るからと宣言して茶の間で夜9時からの洋画を見たのだった。茶の間だから、夜の一家だんらん。

でも、これには大変な問題がある。大人も僕たちの見ている映画を見るのだ! 感動ものの映画や子ども向けの映画はまだいい。問題は洋画、邦画を問わずラブシーンが問題。映画のストーリーが進むとなんとなくわかる。そろそろだな…と。その場面になる。茶の間は凍り付く。つばを飲み込んだら、ゴクリという音が皆に聞こえそうで息もできない。とても長く感じる時間…

三十数年たった今、テレビも試聴方法も多様になったけれども、昔一台のカラーテレビを家族で囲んでいた時の空気と何も変わっていないことに気が付いた。僕はいつの間にか、あの時の茶の間の時間、それも大人側に立っていたのだ。

「フトンシネマズ」はとても心地いい。映画の中で主人公がベッドに横になる。僕も既に横になっている。そしてヒロインに抱きしめられる。ヒロインはいないけど、状況はかなり想像しやすい*1。映画に感動して泣きたくなる。音が漏れないからいつでも遠慮無く泣いていい!まわりが眉をひそめるようなバイオレンスシーンやラブシーン。誰もいないから気まずくなることはない。

独身寮の四畳半時代。眠れなくて夜中に目が覚めてよくテレビ東京の夜中にやっている映画を明け方まで見てたっけ。ついでに「フトンシネマズ」はそんな青春時代も思い出させてくれる。
あ、一つだけ注意して!「フトンシネマズ」は飲食禁止です!!(笑)

*1:決して誤解の無いように…ww

布団の中で、荒野を越えて国境を越えて…

実はちょっと前に数年ぶりのひどいぎっくり腰になってしまい、数日寝込んだ。ぎっくり腰の直後はどうにもこうにも全く動けず、動けるようになっても四つん這いでトイレに行く始末。まあ、もう何回目かのぎっくり腰だから、この後回復するのは間違いないことはわかっていたけどね。そして1週間になろうとしている今、ようやく良くなって椅子に座ることができたので、これまた久しぶりにブログを書いている次第。

痛みが無くなっても、腰に負担がかかって起きていられないので、寝てるしかない。そんで寝てる間の暇つぶしに見た映画2本が、なんと偶然にもメキシコとアメリカの国境を舞台にした映画だった。どちらもぎっくり腰のおっさんとは全く状況の正反対の逃避行もの。バイオレンスでアクションで荒野(砂漠)に逃げるのである。どちらの映画も健康体で見たのなら、なんだこれ、ともいえる映画なのかもしれないが、自分のおかれた状況が状況だけに予備知識なし期待なしで見たらとても面白かったのである。


ノー・エスケープ 自由への国境 [DVD]

「ノー・エスケープ 自由への国境」
Apple TV(初見)、☆3.5

トランプ大統領になってから不法移民を防ぐためにメキシコとの国境に壁を作ると強弁しているが、そのメキシコからの密入国を描いた映画。監督は「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロンの息子ホナス・キュアロン。「ゼロ・グラビティ」は映画館で観てとてもよかったので、自ずと期待は高まる。主役は「天国の口、終りの楽園。」「モーターサイクル・ダイアリーズ」のお気に入りの俳優、ガエル・ガルシア・ベルナルだ。この映画の存在を知ってから、絶対に損はしない映画だからとなるべくネタバレしないように情報を制限してた。その甲斐あって今回の視聴となったのだ。おまけに現在人気のお気に入りのTVシリーズウォーキング・デッド」のニーガンこと、ジェフリー・ディーン・モーガンが不法移民を追う男を演じてることは映画を見てから知ったのでさらに驚いたのなんのって。この映画でもいい味出してます。

さて、肝心の映画の出来はいいと思う。何せ、メキシコとアメリカ国境の砂漠の画がとても美しい。殺風景なのに美しい荒野の中で不法移民たちが何者かに銃撃されるのだ。ストーリーは誰が銃撃しているのか最初からわかっているので、予想どおりに映画は進む。名前はわからないけど訳ありでライフルを撃っている銃撃者のニーガンさん(名前がないので取りあえず「ウォーキング・デッド」と同じくこう呼ばせてもらう)。「ウォーキング・デッド」の彼の役と同じで悪いやつなのに魅力的に描かれている。彼の犬の「トラッカー」君もやっていること(不法移民を噛み殺しまくり)に比べて割とかわいく思える。そう思えるのも「ウォーキング・デッド」なんてゾンビものを見ているからだ。ゾンビに比べれば映画で人のやることなんか想像が付く。追われているガエル・ガルシアが魅力的なのも追跡ものとしてはとてもよろしい。

見終わってからネットをググって各種批評を読んでみると賛否両論。すごくいいっていうのと駄作だ、キュアロン息子ダメだとか。ドリフの「8時だヨ!全員集合」と同じようなもんのただの追いかけっこだとか。確かに見方によってはそう見えるかもしれない。でも、ぎっくり腰の僕にはとてもそうは思えないいい映画だったのだ。

とにかく砂漠が美しい。追跡されるガエル・ガルシア・ベルナルと追跡するニーガンさんをドキュメンタリー映画のように描いてる。映画だから何かの小道具があって劇的な展開で劇的に終わるのが映画的だとは思うけども、この映画はそういうことは無い。逆に劇的な展開がありすぎたら、映画っぽくて逆に引いてしまいそう。そんな意味で自分の中の逃避行追跡映画のベスト3入り決定!


フロム・ダスク・ティル・ドーン (字幕版)

フロム・ダスク・ティル・ドーン
Hulu(初見)、☆3.5

タランティーノ監督の盟友、ロバート・ロドリゲス監督作品。まだぱっとしてない頃の若々しいジョージ・クルーニーが兄で、これまた若々しいタランティーノが弟の銀行強盗兄弟。銀行強盗して逃げる途中でハーヴェイ・カイテル父とジュリエット・ルイス娘とその弟の家族を人質にする。で、エルパソからメキシコに国境を超えて逃げるという犯罪者お決まりの逃避行となる。

国境を越えてメキシコに行くというとスティーブ・マックイーンの「ゲッタウェイ」な訳で、これについて書くとごはん百杯は食べられるぐらい書きたいことがあるので、ここでは省略とする(笑)

ルーニー始め、タランティーノカイテルジュリエット・ルイスもとても若く、見ていて気持ちいい。その若い彼らがタランティーノ映画によくあるバイオレンスなドラマを進めるのだが、タランティーノ映画を何本か見た僕からしてみれば、そうそう、この感じ、これからが楽しみ!ということで物語が気持ちよく進んでいく。細かいところにこだわった隙の無い犯罪映画だ。こっちはぎっくり腰で動けないのだから、国境を越えて逃げるなんていうと俺も連れてってくれ!状態になる。

ところが、国境を越えて取引相手と落ち合う約束のクルーニータランティーノ兄弟とカイテル家族が「おっ○い…なんとか」という飲み屋に着いたところから映画の雰囲気が変わる。前半が「パルプ・フィクション」風とすると後半は「プラネット・テラー in グラインドハウス 」のようなホラー色になってしまうのだ。これまた若いダニー・トレホとかやたらマッチョな男たちとセクシーダンサーのオンパレード。しまいには妖艶サルマ・ハエックの足からしたたるお酒を飲むタランティーノ御大のお姿まで拝める。やっぱり、噂どおりの足フェチだったのだ…。まあ、なんだかんだで大団円で終わるのだが、ラストがまさにメキシコ! 嫌いじゃないんだなあ、こういうの♪

一方はメキシコからアメリカを目指し、一方はアメリカからメキシコを目指す。このシチュエーションの映画は数多くあると思うのだけど、この2本は良かった。そう思わせたのは、ぎっくり腰で動けなかった、自由を奪われた状況だったからなのかもしれない。自由はいつもそこにあるわけではないのだ。