読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Farmer's Talk Pop

キュウリ農家 "夢男"の好きなコト…

貧乏人の安物買いの銭失い

Item

今、子供の卒業式の準備で席次表を作ったり、名札を作ったりと細々とパソコンの前でカチャカチャしてる。その中で思い出の田んぼビデオの編集もしてるのだけど、皆に配るDVDのケースを買おう、そしてそのケースラベルを印刷しようと、カラーレーザープリンタを久しぶりに動かしてみた。
機種はNECの5600Cという、ドラムが交換できないタイプの廉価のカラーレーザープリンタだ。実売9000円ぐらい。

日本電気 A4カラーページ(LED)プリンタ MultiWriter 5600C PR-L5600C

日本電気 A4カラーページ(LED)プリンタ MultiWriter 5600C PR-L5600C

2013年に買ったからもう3年使った。元から付いてたトナーを使い切った後、本体価格よりはるかに高価な20,000円ぐらいにもなる純正トナーをを買わずに互換トナーでしのぐ。一度目は安いのにそこそこの品質だったので、これならばともう一回互換トナを買ったのが昨年の夏。ところがだ、その2回目のトナー交換は失敗だったらしく、直売所に出荷してるラベルーシールの印刷で4分の1は印刷不具合が出るという始末。夏に向けて困る。今のうちになんとかしなくてはと、失敗するのは嫌だからと純正のトナーを注文する。いろいろ割引で13,000円ぐらい。

今日純正のトナーが届いてさっそく装着。これで大丈夫だ、だって、モノホンなんだから、と喜んで印刷する。最初の1枚はよかった。歯車がガリガリいわないし、さすがの純正!と思ったのもつかの間、色がおかしい。チャートを印刷するとイエローが薄すぎるようだ。あれこれ調整するもまったくだめ。色がおかしい。カラープリンタとして致命的だ。

・・・結果、もう一度、5600C本体を注文する。ポイントが付いて実質7,000円ちょっと。純正トナーの半分じゃないか!純正のトナーを買ったのはなんだったんだ!昔みたく、30000円以上するプリンタならば多少インクが高くても納得いく。だって、高い機械を買ったのだから。確かに不具合が出たとき、インクを買うより新しいのを買った方がいいだろ、と思った。

でも、自分の中の天使の部分が、「治るのなら新しいインクで使った方がいいでしょ?互換品というちょっと怪しいものを安さに負けて買っただけでしょ?純正なら大丈夫。治れば、エコでしょ!だってこんな消費社会だから、使えるものは活用しようよ。」とささやいたのだ!

結局、20,000円ぐらいで新しいプリンタ。決断すれば7,000円。エコを考えて20,000円。だから、ドラム交換不能の修理不能の格安レーザープリンタなんだ。寿命が来たら終わりなんだ。故障したら終わりなんだ。なんか、おかしい。

農家はそんな風に買い物しちゃいけないのだ、とつくづく思った。俺のバカ。

どうしてキミは…してくれないのか

Item

一昨日からどうもMac miniのTimeMachineバックアップができなくなってしまった。

昨年末に某電気店のワゴンアウトレットでT社のポータブルHD容量1TBを格安購入。で、これはよいぞ、いつも使っている、自分で容量アップしてRAIDの少しファンがうるさいB社のHDとおさらばで安心安心!と思っていたのだった。ところが、ネットの情報を基に何回も設定ファイルを消したり、フォーマットしたり、設定を変えたりしてもダメ。原因はわからない。バックアップしないのはとても危険だ。おかしなことに大丈夫でないときに限ってバックアップが必要になる。しょうがなく、使っていたB社のうるさいHDに戻す。

ところがだ、そのうるさかったHDに戻した途端、バックアップがされるではないか。それまで何回も15分ぐらい経ってバックアップが失敗する時間になってもちゃんとバックアップは続けられている。終了予定7時間。そして放置する。

いろいろと用事があって、夕方家に戻ったら、バックアップは終わってた。何の問題もない。マックのシステムではなく、格安のT社のHDが原因なのは間違いない。ゴメンよ、B社のうるさいHDちゃんよ。これからは信じるから、信頼してなかったこと、許して♪


25年ぶりに真っ赤な真実が・・

Book

冬休み、子供たちは隣町の図書館で勉強するというので、車で送って夕方迎えに行くというパターンが続いた。いつもアッシー君をやってたら、勉強しに来てるはずなのに子供たちがとても楽しそうで、それではと僕もやってみたくなったのだ。子供かっ!

で、こんなに図書館でぐうたらしたのはとても久しぶりで、広いガラス窓から入る日差しはとても気持ちいい。ふと、脇の棚を見てみると米原万里さんの著作がある。『マイナス50℃の世界』。米原さんの処女作のようだ。TBSのドキュメンタリー番組の取材にロシア語通訳として同行した体験記なのだ。それも子供向け。でも、この本は米原さんが亡くなった後に再出版されたもののようで、あとがきは実妹の井上マリ(故井上ひさし夫人)さんが書いている。それとある人物・・。

f:id:Yumeo:20160106110218j:plain

実はこの旅行記に、一週間ばかり前に南半球から帰ってきたばかりでシベリアの極寒取材に参加したというアキレサンドル・シナメンスキー・ネルネンコと呼ばれる日本人作家が参加してるという記述がある。お分かりでしょう、彼は椎名誠氏です。米原さんは他のスタッフにも付いているあだ名を紹介している。いつも時間に遅れるカメラマン山本さん「オクレンコ」、にこにこしてるから「ニタリノフ(新田さん)」など。

で、ニタリコフで突然思い出したのだ! 25年ほど前に読んだ椎名誠氏の著作『ロシアにおけるニタリノフの便座について』のことを。そうか、米原さんもこの旅に参加していたのだ!

この本はとても椎名氏特有のウィットが効いていてお気に入りだった。この頃、椎名氏の著作をよく読んでいたのだよね。氏の小説はあまり好きじゃない。紀行ものやエッセー(あやしい探検隊シリーズとか)が好きだったのだ。同様に米原さんのドキュメンタリーやエッセイも好き。まさか、あのシベリアの旅に同行していたとは知らなかった。念のため、本棚の奥の奥からニタリコフ本を出してみた。埃を払って読んでみると通訳の米原さんには一言も触れてない。う~む。

隣町の図書館は井上ひさし氏寄贈の蔵書を元に開館された。そんで、氏の妻は井上マリさん。そして、彼女の姉は米原万里さん。その米原さんは若い頃にシベリア取材をしていた。その処女作が先のシベリア本。僕がその本を読んでその事実を知ったのが義理の弟の蔵書たくさんの遅筆堂文庫。僕の青春の椎名エッセイは米原さんも間接的に関係してた。う~む。時に図書館ぐうたらは必要なのだ!

マイナス50℃の世界 (角川ソフィア文庫)

マイナス50℃の世界 (角川ソフィア文庫)

ロシアにおけるニタリノフの便座について (新潮文庫)

ロシアにおけるニタリノフの便座について (新潮文庫)

2015の終わりと2016のはじまりに。

Movie

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて、2015年の大晦日は子どもたちがNHK紅白で大いに盛り上がり、それをチラ見しながら、先日真っさらからシステムの再構築中のMacちゃん復旧作業の続きをする。今回は紅組が勝ったのだってね!途中見たら、白組は娘たちのお気に入りの星野源ががんばってたけど(他にもがんばってたろっ!笑)相も変わらずのお決まりのジャニーズ軍団とEXILE軍団で、それに対して紅組は椎名林檎miwaちゃん(ここだけちゃん付けかっ!笑)などかなりなものであり、赤いスイートピーで決めた松田聖子のおかげもあって勝ったのではないだろうかと分析してみた。

ま、そんなことはどうでもいい(笑)。裏で見てた映画の話をする。

未来警察

Amazonビデオ(2回目)、☆3
未来警察 [DVD]

ご存じ、作家で映画監督のマイケル・クライトンのオリジナル脚本・監督作品。主演はTV「マグナムPI」のトム・セレック、「ステイン・アライブ」「フラッシュダンス」のシンシア・ローズ、ヘビメタバンド"キッス"のボーカル、ジーン・シモンズが出てる。

ロボットが日常生活に普通に入り込んでいる近未来。ロボット技術は欠かせないものとなってる。そのロボットが絡む事件を担当するのが警官のトム・セレックとシンシア・ローズ。ロボットを悪用するいかにも悪いやつがジーン・シモンズマイケル・クライトンであるが、まあB級SF映画といった感じの展開。かなり前に見て今回が2回目である。今さら何で見たのかというと、実はシンシア・ローズを久しぶりに見たくなってしまったのだ(笑)。先日「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のレイア姫ことキャリー・フィッシャーを久しぶり見たこともあって、記憶の糸をたぐって思い出してしまったのだ。ところがだ、そうした下心で見た映画だったのだが(笑)、これが思わぬところでグッと来て、なかなかよかった。

劇中、家庭やオフィス用のロボットが狂って人間に危害を加える。それは悪人シモンズが特殊なICチップを取り付け、テロに応用して一儲けを企んでいるからなのだ。その中でフローターというローターがついた空中カメラが出てくる。おお、今流行のドローンではないかっ!拳銃から発射されるのが誘導小型ミサイル(最近、新聞で開発されてるうんぬんの記事を見た)、その他家事ロボットだったり、ネットワークカメラだったり、インターネットや携帯電話が全く普及してない時代にもかかわらず、的確な未来予想が描かれる。さすが、マイケル・クライトン
で、映画はいろんなことがあって事件は解決するのだが、最終的に勝ったのは「愛」だったのだ!映画が終わってからラストクレジットが出てくるまで、事件を通してラスト直前で恋仲になったトムとシンシアがずっとキスしてる。最後にこんなにキスしてる映画ってある!?。あったら教えて!(笑)

現在、お掃除ロボット"ルンバ"やドローンなどのロボット技術を応用した家庭製品が出てきてるのだけど、これからはきっと映画のようなトラブルも多くなる。それはどうしても逃れられないはずで、それを解決するにはどうするのか。・・・きっと「愛」なのである。すべてのトラブルを解決するのは。

と娘たちの音楽の嗜好について行けず、紅白歌合戦視聴から脱落してパソコンの前でカタカタといじりながら映画を観ていたオヤジは、これから起こりうるすべての難問の解決を「愛」に任せよう、という結論に至った2015年の終わりと2016年の始まりであったのだ。

今年見た劇場映画のこと

Movie

今年は映画がとても面白かった。いや、映画はいつも面白いのだけど公開される映画が待ちに待った懐かしの映画続編だったり、新たな世界を開いてくれる映画が目白押しだから。
そんな中で今年劇場で見た映画の感想など。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

イオンシネマ(初見。吹替版)、☆4


「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編

僕のリアルなスターウォーズ体験は、中三の時のエピソード6「ジェダイの復讐」なんです。今は「ジェダイの帰還」となっているようなんですが、レイア姫の金属ビキニに悩殺されたこと、ラストの音楽が「イォークセレブレーション」からエンディングクレジットがとてもいい感じで、どうしても「復讐」にこだわりたい!
で「フォースの覚醒」なんですが、ネタバレしたくないので色々と書けないのですけど、かなり良かったです。何と言っても主役の若者たちがとてもいい。新時代のスターウォーズでした。でも、僕たちオールドSWファンは、おなじみのキャラに会うことがとても楽しみでした。ミレミアム・ファルコン号の登場。続くハン・ソロ、チューバッカに会えて思わず涙が出ました。やっぱり、これがスターウォーズです!それなのに☆が5でないのはなぜか。それはラストがTVドラマみたいだったから。次週に続くといった感じがどうもね。完結しつつ、続くという感じであって欲しかったです。まあ、次も楽しみなんですが。

007 スペクター

ムービーオン(初見)、☆4(ダニエルのボンドは初めてだけど、)


12/4(金)公開『007 スペクター』予告編第3弾

ダニエルのボンドはこの作品が初見。ティモシーのボンドも避けてたし、シリアスなボンドはボンドじゃないということで、ダニエルの全3作も未見でした。オールドファンも楽しめるという噂だけで、今回、予備知識なしで劇場へ。そしたらね、ショーン・コネリーロジャー・ムーアが復活したようなボンドじゃないですかっ!銃口オープニングもちょっといやらしいタイトルクレジットのモデルのシルエットダンスも復活!曲は今をときめくサム・スミスではないですか!劇中のボンドは女たらしっぽいし、007はやっぱりこうでなくちゃ。ヒロインもクールで美人だし。あ、モニカ・ベルッチの出番が少なくてとても残念ではありました(笑)

ジュラシック・ワールド

イオンシネマ(初見。3D上映)、☆2


映画『ジュラシック・ワールド』第1弾日本版予告編

大船オデオン座で映画の日に暇つぶしに入った「ジュラシック・パーク」。主演のサム・ニールはお気に入りの俳優。あのドキドキ感が忘れられません。そして鳴り物入りで公開された第4作目。・・・最悪です。途中、寝てしまいました。CGに頼りすぎて物語がないっ!ロマンがないっ!初めての3D体験だったのですが、いらないね、3D。普通でいいじゃない。だって、3Dだとなんだかジオラマを見てるみたいな感覚だったよ。「アラビアのロレンス」や「ラストエンペラー」が3Dなくてもスケール感が半端ないように映画は中身が大事なのであることを痛感。入場料がもったいなかった・・。

マッドマックス 怒りのデス・ロード

イオンシネマ(初見)、☆5


映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告2【HD】2015年6月20日公開

中一で「マッドマックス2」を見た時、衝撃を受けました。これぞ、近未来を描いた映画だと。メル・ギブソンの演技はこの作品が演技の頂点だと思います、彼には悪いけど(笑)。で、第3作目「サンダードーム」はスルーしたので、お久しぶりのマックス映画鑑賞。ギブソンは卒業だそうで、今回はトム・ハーディがマックス。ヒロインはシャーリーズ・セロン。とても好きな女優さんです。体当たり演技です。素敵です!物語も未来世界の造形も最高でした!「マッドマックス2」の正しい進化です。


上記4作品に共通するキーワードは「継承」と「若さ」。素晴らしい物語と登場人物はファンはいつまでも忘れないものです。でも、老いは俳優もスタッフも逃れられない。もちろんファンも。でも、新しい若い俳優やスタッフで物語に含有する精神を継承してくれるのならとても素晴らしいことです。時には期待外れということもあるでしょう。でも、僕たちファンはそれもまた楽しみなのです。映画万歳!

スウェーデン語がとても好きになってしまったのだ・・

Movie

ストックホルムでワルツを

AppleTV(初見)、☆4

ストックホルムでワルツを [DVD]

とても素敵な映画を見、音楽を聴いた。

スウェーデンの俳優・歌手のEdda Magnasonが、同業の先輩と言ってもいい"Nonica Z" Monica Zetterlundの半生を演じた映画とそのオリジナルサウンドアルバム。映画もサントラも全編、ジャズで満ち溢れてる。アーティストの伝記映画といってしまえばそうなのだが、この映画はそれだけでは終わらない。北欧が素敵なのだ。60年代のスウェーデンの生活、風俗がとても素敵!いわゆる北欧家具に囲まれた生活。車は普通にサーブだし(笑)

恥ずかしながらこの映画の主人公モニカも、彼女を演じてるエッダも初めて。モニカといえばベルッチしか知らないぐらいなのに(笑)でも、映画が始まった瞬間からグッと引き込まれる。母親として苦労しながらも、また音楽を愛するがゆえに成功しつつも不幸になるモニカの生き方だけれどもいつの間にか共感してる自分がいるのだ。

劇中、ジャズを母国語のスウェーデン語で歌いたい、という話が出てくる。で、モニカは母国語でのジャズで有名になっていくのだけど、そのスウェーデン語ジャズスタンダードがこれでもかというぐらい魅力いっぱいなのだ。英語の歌詞よりも情感が伝わる気がする。ブラジル音楽をポルトガル語で聞かないと伝わらないものと共通と言ったらいいのか・・

何と言ってもエバンスの”Waltz for Debby”をスウェーデン語で歌った”Monicas vals(モニカのワルツ)”が最高。オリジナルにも負けないテイクではないだろうか。トゥーツ・シールマンスの”ブルーセット”が”Bedårande sommarvals”として歌詞付きで歌われたりして、シールマンスのファンの私としてはブラボー!! デイブ・ブルーベックの”Take Five”が"I New York(イ・ニューヨーク)"だなんてたまらない!

映画は"Monica Z - Svit ur filmen"というインストルメンタル曲で終わる。この余韻がどうしようもないぐらいいいのだ。北欧の針葉樹の森と湖と山々。その中に消えていきそうな、いや消えてしまいたいと思う自分がいた。


追記:
この映画のモニカとその両親、また娘との関係。家族の描き方がとてもいい。なんというか、くどい演出じゃなくともうまく気持ちが伝わって来る。いや、こちらの見方がそうだからか。ともかく、家族愛の映画でもある。

Monica Z-Musiken Fran Filmen

Monica Z-Musiken Fran Filmen

久しぶりに液晶モニターを買い替えたり。

Item

先日、Mac MiniOS X El Capitanにアップグレードした。昔のMacintosh時代からするともう機能については十分過ぎて、わざわざバージョンアップしなくてもいいのだが、タダでやってくれるとすればやらないってことはない。アップグレードはパソコンなどの機器好きにとっては善なのだ!正義なのだ!今使ってるMiniが対応するうちはアップするでしょう。使えなくならない限りはね。

そんで、OSをアップした当初は全く問題が無かったのだが、ある時から起動するとiTunesのある曲が再生される。毎回同じ曲なのだ。同時にWebブラウザのSafariのウインドウが開いてなんだか読めない文字も表示されて、ついでにFinderのフォルダも開かれた状態になる。う~む。どうも、ウイルスかマルウェアの仕業っぽい。TimeMachineでHDをちょっと前の状態に戻してもそうなる。いつからそうなのか。気持ち悪い。システムがらみかと疑って、OSだけを新しくインストールしてみる。すると、なんだか液晶モニターの上下が黒く切れる。このLGの25.5インチのモニターの解像度は1920×1200。どうも1920×1080の表示になってるようだ。モニター設定を変えてみてもどうにもならない。メニューバーが表示されてないので操作ができない。お手上げ。最初からHDをまっさらにしてインストールしたら大丈夫かもとやってみても結果は同じ。結論。このモニターはEl Capitanに対応してないってことだ。さてどうする。モニターを買うか。と困ったと思いつつ、ときめく。うふっ♪ おひさしぶり♪

先月の『Macfan 12月号』を読んで研究したところ、これからはiMac液晶モニターは4Kとか5Kが主流らしい。こんな高解像度の液晶モニターが標準というのはとてもお買い得である。しかしそれはそのクラスの液晶モニターを買ったことに対しての比較である。そんな高性能のiMacは泣けることにとてもいい値段でもある。当然、液晶モニター単体の購入を考えるしかない。久しぶりなので知識が全くない。ネットであちこち調べる。どうも、今のモニターはIPS液晶パネルが低価格になって普通らしい。では、どれを買うか。

1) 25.5インチのモニターは、A4サイズの文書が実際の大きさよりちょっとだけ小さいぐらいで文字の表示がちょうどよかった。が、モニターの筐体がちょっと大きい感じもあった。
2) モニターは消耗品と考えるとそんなにがんばんなくてもよい。品質が良ければ安いものでよい。
3) Macの買い替え時の候補はiMacがお得なので、きっとその中から買うことになるでしょう。なので、つなぎとしてののモニターでよい。

ってことで選んだのが下の液晶モニターふるさと納税でも人気のiiyama社製。

25.5から23インチとなって少し小さくなったのだけど、IPS液晶は以前のTN方式と比べてとても発色もよく、視野角も広い。きれいでギラギラしない感じ。1080ドットで画面の高さが小さくなったから表示する書類の下が切れることになるけど。技術の向上でベゼルもとても薄く、設置しての圧迫感は全くない。軽いし薄いしで設置も簡単。満足である。老眼が進んでいる疑いもあり、目に優しいのがとてもうれしい。安いからマルチディスプレイ用にもう一台買ってもいいぐらい。そんなのはいらないけどね(笑)