Farmer's Talk Pop

(2018年12月末、はてなダイアリー「夢男のファーマーズ・トーク」が統合されました)

お気に入りの場所(TMAX100その2)

f:id:Yumeo:20181129160115j:plain
いつも静かで雰囲気のよい洋館

 山形市の文翔館はお気に入りの場所。大正5年に県庁舎及び県会議事堂として建てられた英国近世復興様式のレンガ造りの建物だそうだ。山形市内は自分的にはあまり観光的には見どころがないと思うのだけど、ここは他所に劣らないとてもいいところ。入館料は無料。受付で売ってる記念のグッズもわりとセンスがよい。どこもインスタ映えするけど、おすすめは中庭。ここで撮ったらあなたも『ヴォーグ』誌のモデル…になれるかも。

f:id:Yumeo:20181129160119j:plain
この奥はとてもいいところ

 文翔館を右に行くと木立の奥に古書店が見えてくる。そここそ、お気に入りの総本山。その名も「紙月(かみつき)書房」。かみつくだけにお店のロゴは口を大きく開けた狼。非常にデザインセンスがいいのである。店に入る前からお店の外観からもなにかのオーラがあふれ出てる感じ。古本屋にありがちなほこりっぽい感じのそれではない。

f:id:Yumeo:20181129160120j:plain
オーナーは噛みつかないよww。とても優しい感じ

 ここが好きなのは、狭いのにずっといられるところ。疲れたらテーブルに座ってコーヒーや「しみじみお茶セット」を飲みながら本をめくればいい。お腹がすいたら特製カレーがうってつけ。どれもオーナーの人柄が表れているような優しい美味しさなのだ。

 うちの家族は皆、この古書店が好き。長男は小学生のとき、ここで見つけた物語を読んでから本好きになった。とても今どきの書店には少ない真似のできない気持ちのよい空気。本好きの本屋に本好きが引き寄せられる。ここには本への愛がいっぱいなのだ。