Farmer's Talk Pop

(2018年12月末、はてなダイアリー「夢男のファーマーズ・トーク」が統合されました)

最初の週

今年は異常すぎる。バイトが始まって、最初の一週間が終わったというのにまだキュウリがもげている。こんなことはハウスキュウリ13年で初めてのこと。まだまだ、雪が降る気配はない。どうなることやら。
バイトは一週間で、だいたいの仕事のパターンが出揃ったし、ミスも出揃った(笑)ので、明日からの一週間はひたすらこなすだけだろう。とにかく一年ぶりの「サラリー取り」なので、戸惑うことあり。また、このバイト、今年で十年目ということで、なんて時間の経つのが早く感じること。う〜ん。
県外の弟宅に行った両親、おすすめDVD「バロン」を預かってきた。夢男達兄弟が子供の時に読んでいた童話と同じエピソードが含まれているらしい。クレジットを見て、「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアム監督作品と知る。おまけに最近気になるユマ・サーマンも出ているじゃない。期待大。早く観ようと思う。
金曜日、夢男の以前の仕事を次女の社会科の時間で紹介して欲しいということで、ビデオやらプリントした写真、イラスト等を持って小学校に行く。二年前の長女の時の反省点を踏まえて、今回は分かりやすくを心がけて準備。なんとかうまくいったようだ。「バージョンアップしましたね」 素直にその先生の言葉を喜びたい。
最近、結婚をテーマにした軽い映画が気になる。もっとも夢男の「現実(いま)」からかけ離れたものだからか。疲れたときはリアルよりも幻想がいいようだ。