Farmer's Talk Pop

キュウリ農家 "夢男"の好きな映画や音楽や・・・

おじさんって、本当にイヤだね…

ヘッドライト HDリマスター版 ジャン・ギャバン/フランソワーズ・アルヌール [DVD]

ヘッドライト
BSプレミアム(2回目)、☆5(やっぱ、☆4.5かな。哀しいから)

ジャン・ギャバン演じるしがない長距離トラック運転手とドライブインのウエートレス、フランソワーズ・アルヌールの悲恋映画。

この映画を初めて見たのは確か中学生の時。当時はNHKの教育テレビで月一回の名画劇場をやってて、そこで見たのが最初で今回は2回目。三十何年経ってるのになんで今さらかといったら、フランソワーズ・アルヌールが演じるクロが可哀想で可哀想で二度目はとても見られなかったからだ。先日BSの番組表でタイトルを見たら、昔のことを思い出しつつ、今はどう思うかと見たくなってしまった。おっさんとなった現在なら見方も変わるのか。変わらなかった。いや、その哀しさの理由がよりはっきりした。

クロがかわいそうな原因は全てジャン・ギャバンおじさんのせい。若い子に手を出したことが全て悪い。長距離トラックの運転手という重労働と子だくさんの満たされない日々。自分と同じように年取ってしまった妻。そんな時に偶然出逢ってしまったのがフラソワーズ・アルヌールだとしたら、ジャン・ギャバンおじさんでなくてもその若さと自分が失ってしまったものに憧れ、惹かれてしまうのは間違いない。仕方のないことだと思う。でも、老いた男はそこにすがってはいけないのだ。そこが踏ん張りどきなのだ。教訓。

暗く哀しい映画「ヘッドライト」。この作品に惹かれてしまうのは、ジャン・ギャバンとフラソワーズ・アルヌールとモノクロの映像がとても印象的だからだ。こっちまで眠気を誘う運転シーンの描写のすごさは中学生の僕にも伝わったぐらい。もっともドライブインのわずかな時間の逢瀬を待ちに待っている二人の心情は大人になった今だからこそわかったのだけれども。

劇中、圧巻なのは大雨の中をギャバンが運転する牛を運ぶトラックの場面。彼女に夢中になる前には大型の新型らしいトラック*1を運転していたのに、会社を辞めて古い家畜専用トラック運転手へ落ちぶれてしまう。そのトラックで二人は新天地へと向かうのだが・・。道中、体調の悪いクロがますます具合が悪くなっていくのだが、見ているこっちまで具合が悪くなってくるぐらいのリアリティ。変な人形。鳴き声を上げる牛。降り止まない雨。いつになったら着くのかわからない。本当に希望のない話。

そうそう、中学生の僕がフラソワーズ・アルヌールに興味をもった本当のわけ。石ノ森章太郎の『サイボーグ009』のフラソワーズ・アルヌールと同じだから。ふふふ。

*1:きっこのブログ」〜映画『ヘッドライト』が照らしているものは? http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2014/06/post-0380.html に詳しい