読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Farmer's Talk Pop

キュウリ農家 "夢男"の好きな映画や音楽や・・・

新しい機器が来た!

Item

先月末に新しいデバイスを買いました。お、Appleの"iPad Air"を買ったのかと思ったあなた、残念です(笑)。私が買ったのは、Appleにとっては商売敵、いや、もうライバルとはいえなくなったかもしれないMicrosoftの"Surface RT"ってやつなのです。

f:id:Yumeo:20131108094859j:plain

買う直前にCPU高速化でHD液晶パネルになった"Surface 2"を、「ちょっと老眼が入ってきて細かい表示は…」という初老ならでは(笑)と、同時に買う予定の本体の液晶カバーとキーボードになるという「Surface Touch Coverの赤とシルバーの組み合わせはイマイチ…」というせっかくのスペックアップを無視した理由で却下してしまいました。*1

Appleは大好きです。自分でパソコンを所有してからは基本的にずっとMac使いだし、PDAの元祖"Apple MessagePad"、いわゆる"Newton"も使ってたぐらいですから。なのに、iPhoneは使っていないし、iPadも持ってない、いわゆるiOSというものを使ったことがないのです。それはなぜか。いや、いい機器だと思いますよ、みんな使ってるし…。

実は私、マイナー指向なんです。みんなが使ってるものとか、持っているものは基本的に嫌だというあまのじゃくな性格…(そういえば、みんなが好きな娘が好きじゃなかったりしたっけなあ。笑)。おかげさまで、現在はWindows PhoneにSurface RTというレアな組み合わせにとても満足。

最初にMacを買った時は、みんなMS-DOSか、Windows 3.1のパソコンでした。System 7のMacは洗練されてました。Newtonを買った時は、皆、シャープのザウルスを使ってました。同じ目的に使えるけど、どちらも操作感が唯一無二だったのです。デザインも洗練されたものでした。


さて、なんで今回、Surface RTを買ったのか。

理由1.黒い筐体のSurface RTが、かつての"IBM"のThinkPadレノボじゃないよ!)や『2001年宇宙の旅』のモノリスを思わせたから。要するに、角がない丸みを帯びたシルバーが世の中に出回りすぎて、その反動で…(笑)。ヒヤッとする金属筐体の黒い板は、モノとして、とてもいい感じである。

理由2.皆、タブレットを買ったといっても、結局のところは文字入力ではキーボードが便利。そして、本体と別のキーボードを買うことになってるのをみて、それだったら純正があるやつで、カバーにもなるやつがとてもいいじゃん、という単純な理由…。黒い筐体に赤のTouch Coverはとても映えます*2

理由3.WindowsXPのThinkPadをWordやExcelの持ち歩きマシンとして使ってたが、非力で度重なるOSアップデートで激重…。おまけに最新のWebブラウザでもサポートされなくて、何かと不都合が出てきたのだ。もう限界…。でも、これ以上、メンテナンスの必要な機器を持ちたくない。つまり、ノートパソコンは買いたくない。でも、Officeは必要…。費用はできれば押さえたい…。以上をかなえてくれるのはSurfaceでした。

理由4.Macの仮想環境でWindows 8を使っているけど、このOSはタッチパネルでこそ、真価を発揮することを痛感。アプリさえそろえば悪くないじゃん。Macだって、なんだって、アプリは最初はなかなか出てこないものなのだ。最小限のものがあれば、なんとかなるのはこれまでと同じ。機器が変わっても何も変わらない。全部のアプリを試すわけじゃないのだから…。

理由5.この性能で、この重量で、この価格だったら、とてもいいんじゃない(笑)


ということなんです。3週間ほど使ってとても満足してます。

あ、そういえば、Surface RTを買ってから、PCのベンダー各社から8インチのWindowsタブレットが続々発表されています。Office付きで4万ちょっとだったら、これはPCの決定版じゃない? 軽いし、性能いいし、バッテリ持つし…。大きい画面やキーボードが使いたかったら外付けすればいいことだし。ちょっと、しまった…なんて思ってしまいました(笑)


*1:OSに関しては、RTでも8.1にアップデートできるので無問題。

*2:Touch Coverの赤は日本では扱っていない。輸入品しかないのだ。なんてレア。ふふふ