読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Farmer's Talk Pop

キュウリ農家 "夢男"の好きな映画や音楽や・・・

オンラインの雑誌

パソコンを使っているのは、それを使う目的のため、である。でも、使うこと自体が目的という「パソコン趣味」と紙一重なところもある。趣味であるということは、もっと趣味を充実させるために情報がいる。だから、雑誌を読む。インターネット上に情報があふれている今、雑誌から情報を得るのは遅れているかもしれない。だが、暇な時、雑誌をめくる楽しみは至極のひとときでもあるのだ。

一方、この雑誌購入が問題でもある。Macの新機種やデジカメ、新しいソフトウェアを買う時に雑誌を買うとする。必要な情報を得たあとはしばらくは本棚に入るが、しおりをつけたところ以外を読み返すことはまれ。

そうして徐々にたまってくる読み終えたパソコン雑誌・・。何十冊もの雑誌を片付ける時がきた時、愕然とする。こんなにお金を捨ててしまうのだ。一方、書籍を捨てることは全くない。読みたくも無い、所有したくもない本は買わないからだ。その点、雑誌に対してはそこのところのこだわりは、かなり低い・・。

そんなこともあって、ここ何年か、パソコン情報誌は、オンライン上の電子媒体として購入しはじめた。具体的には、雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」 http://www.fujisan.co.jp から『MacFan』を購入して読んでいるのだ。モノホンの雑誌も買えるサイトだけれども、種類によってはデジタル版も買うことができる。先の『MacFan』もそう。モノホン雑誌だと730円(今日発売の2013年2月号の場合)するものが600円で読める。お得! おまけにたいてい発売日の次の日になる、ここド田舎では当日に読むことができる。うれしい!

f:id:Yumeo:20130129194740j:plain

最近は以前よりもインターフェースが改良されてとても扱いやすい。ブックマークもつけることができるし、検索もできる。検索できるというのがミソ。だって、リアル本はググるみたいに検索できないから。

私の場合、25.5インチモニター(1920×1200)にフルスクリーンで表示するとモノホン雑誌と同じぐらいの大きさで読むことができる環境。拡大できるから、そろそろ老眼になりつつある目にも優しい(笑)

まあ、モニターに向かわないと読めないという欠点はあるけどね。でも、パソコンに向かって帳簿入力ざんまいの農閑期だから、暇つぶしにはそれでいいのだ(笑)

そんなわけで、滅多に買わないけど『Newsweek』誌の映画特集だとか、ちょっと手元に置きたい記事がある場合の『AERA』だとか、いずれゴミになったとしても、罪悪感のない(笑)オンラインのゴミとしての雑誌がなかなかいい感じなのだ。